コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田柳外 はらだ りゅうがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田柳外 はらだ-りゅうがい

1812-1868 江戸時代後期の書家。
文化9年生まれ。篠崎小竹にまなび,のち唐・宋(中国)の古法帖(ほうじょう)を研究。貫名海屋(ぬきな-かいおく),藤井竹外らとまじわる。家業は醤油(しょうゆ)醸造で四十余年をかけ家運を挽回(ばんかい)した。慶応4年8月25日死去。57歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は磯部。名は譲。字(あざな)は公基。通称は四郎左衛門。別号に謙斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原田柳外の関連キーワード戊辰戦争第2次英米戦争第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフティチングチャイルド・ハロルドの遍歴

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android