原裁判(読み)げんさいばん

大辞林 第三版の解説

前の裁判。控訴審においては第一審、上告審においては控訴審の裁判。原審。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある訴訟事件について、上訴の対象である前審の裁判。控訴審では第一審、上告審では控訴審の裁判をいう。原判決。原審。
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)六月六日「長崎丸山の娼婦等の同盟して提起したる廃業届連署請求の訴は初審に於て敗訴となりしも、控訴に於て首尾よく原裁判破棄となりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android