参頭行者(読み)さんじゅうあんじゃ

精選版 日本国語大辞典「参頭行者」の解説

さんじゅう‐あんじゃ【参頭行者】

行者(あんじゃ)の中でかしらだった者。年長、古参。禅宗で用いる。
※空華日用工夫略集‐至徳三年(1386)三月二日「山中参頭行者逝去、余就于省堂化壇秉炬仏事」

さんとう‐あんじゃ【参頭行者】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android