友井 唯起子(読み)トモイ ユキコ

20世紀日本人名事典の解説

友井 唯起子
トモイ ユキコ

昭和期のバレリーナ,振付師 日本バレエ協会副会長。



生年
大正7(1918)年9月27日

没年
昭和58(1983)年11月22日

出生地
大阪府

本名
角矢 幸子(カクヤ ユキコ)

学歴〔年〕
清水谷高女卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞奨励賞〔昭和34年・40年〕,芸能功労者表彰〔昭和56年〕,紫綬褒章〔昭和56年〕

経歴
バレエダンサーの法村康之と結婚して昭和12年法村友井バレエ団を創立し、東京と大阪を本拠に「シェヘラザード」「ボレロ」「タマール」や日本物など、数多くの作品を振付け、自ら踊った。アメリカ国際コンクールでも2回、日本人でただ一人の審査員を務めるなど、国際的にも活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

友井 唯起子
トモイ ユキコ


職業
バレリーナ 振付師

肩書
日本バレエ協会副会長

本名
角矢 幸子(カクヤ ユキコ)

生年月日
大正7年 9月27日

出生地
大阪府

学歴
清水谷高女卒

経歴
バレエダンサーの法村康之と結婚して昭和12年法村友井バレエ団を創立し、東京と大阪を本拠に「シェヘラザード」「ボレロ」「タマール」や日本物など、数多くの作品を振付け、自ら踊った。アメリカ国際コンクールでも2回、日本人でただ一人の審査員を務めるなど、国際的にも活躍した。

受賞
紫綬褒章〔昭和56年〕 芸術祭賞奨励賞〔昭和34年・40年〕,芸能功労者表彰〔昭和56年〕

没年月日
昭和58年 11月22日 (1983年)

家族
夫=法村 康之(バレエダンサー),長男=法村 牧緒(バレエダンサー),孫=法村 圭緒(バレエダンサー)

親族
長男の妻=宮本 東代子(バレリーナ)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android