コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレリーナ ballerina; ballerine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレリーナ
ballerina; ballerine

バレエの舞台で主役を演ずることの許された女性舞踊家。今日では一般にバレエを踊る女性舞踊手の意味に使われることが多い。本来は,バレエ団に所属する女性舞踊家に与えられる階級名称の一つで,その最高の位置を占める者をプリマ・バレリーナという。伝統のあるパリ・オペラ座バレエ団では,プルミエール・ダンスーズ(女性第1舞踊手)がバレリーナにあたり,またプリマ・バレリーナにはエトワールが相当する。一方,ロシアのマリインスキー劇場バレエ団では,クラシック・バレエ作品の公演で主役を演じる,特に優れたソリストのみをバレリーナといった。なかでも最高のバレリーナにはプリマ・バレリーナ・アッソルータ prima ballerina assoluta(「完全な,絶対的なプリマ・バレリーナ」の意)の称号を与えたが,これは過去 200年に 2人,イタリア出身のピエリナ・レニャーニとマチルド・M.クシェシンスカしか許されなかったといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バレリーナ(〈イタリア〉ballerina)

バレエの女性舞踊手。本来は主役を踊る女性舞踊手をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バレリーナ

バレエ用語。女性舞踊手の最高位の称号。バレリーナの中で特にすぐれた踊り手をプリマ・バレリーナprima ballerinaという。女性舞踊手の総称として用いるのは本来の意味からいうと正しくない。
→関連項目ジゼルマルコーワ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バレリーナ【ballerina】

バレエの女性の踊り手。 〔本来は、主役を踊るプリマ-バレリーナをさす〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバレリーナの言及

【バレエ】より

… そして,1960年ソ連からスラミフィ・メッセレル,アレクセイ・ワルラーモフが設立されたばかりの東京バレエ学校の教師として来日するに及んで,日本のバレエ界の教育法,技術的水準は飛躍的な向上をみせた。現在では世界の檜舞台で踊る森下洋子,スコティッシュ・バレエ団のプリマ・バレリーナ大原永子,東ベルリン・バレエ団やミュンヘン・バレエ団で主役を務めた深川秀夫,カールスルーエ・バレエ団で首席舞踊手の地位にある佐藤勇次らが生まれている。またチャイコフスキー記念東京バレエ団(代表佐々木忠次)は,ベジャールほかの一流の振付師やダンサーを招く一方,定期的に海外にも招かれている。…

※「バレリーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バレリーナの関連キーワードガリーナ・セルゲエヴナ ウラーノヴァマリ・クロード ピエトラガラマリア・アンナ・ド カマルゴデイム・アリシア マルコヴァブロニスラヴァ ニジンスカニーナ アナニアシヴィリマーゴット フォンテインタマーラ カルサヴィナアルモディオ アリアスエリザベット プラテルアレッサンドラ フェリマイヤ プリセツカヤアンナ パヴロヴァシュガーメヌエットカルラ フラッチモイラ シアラーシルヴィ ギエムアンナ パヴロワプリマバレリーナ貝谷 八百子

バレリーナの関連情報