コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友則 とものり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友則 とものり

?-? 江戸時代前期の刀工。
美濃(みの)(岐阜県)の関兼永の門流。寛永(1624-44)のころの人。出羽(でわ)山形藩主保科正之(ほしな-まさゆき)にまねかれてお抱え刀工となり,寛永20年同家が陸奥(むつ)会津(福島県)に転封(てんぽう)になると,ともにうつった。通称は鈴木清右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

友則の関連キーワード哀原友則/正月太郎寛平御時后宮歌合『古今和歌集』寛平后宮歌合小倉百人一首アレックス林凡河内躬恒小夜ノ中山古今和歌集三十六歌仙村田優一山陽鉄道壬生忠岑知る人紀貫之五月雨紀友則歌合美濃紀氏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

友則の関連情報