矛盾概念(読み)ムジュンガイネン

デジタル大辞泉の解説

むじゅん‐がいねん【矛盾概念】

論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、互いに他を否定しあってその中間に第三者を入れる余地のない概念。例えば、色という類概念に属する白と非白。→反対概念

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むじゅんがいねん【矛盾概念】

〘論〙 互いに他を否定しあって、その中間に第三者を入れない概念。例えば「有機物」と「無機物」、「人間」と「非人間」など。 → 反対概念

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むじゅん‐がいねん【矛盾概念】

〘名〙 論理学で、二つの概念が内包で排除し合いながら、両者で合して一つの外延をなしている場合の二つの概念同士をいう。たとえば、人間という外延のなかの男と非男(女)のたぐい。
※論理学(1916)〈速水滉〉一「就中最も重要なものは、反対概念 Contrary concept 及び矛盾概念 Contradictory concept の区別である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android