コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射光式露出計 ハンシャコウシキロシュツケイ

3件 の用語解説(反射光式露出計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんしゃこうしき‐ろしゅつけい〔ハンシヤクワウシキ‐〕【反射光式露出計】

写真撮影に用いる露出計のうち、被写体からの反射光を測定するタイプのもの。標準反射率を基準とするため、反射率が標準反射率と大きく異なる被写体に対しては、露出補正をしなければならない。→入射光式露出計

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

反射光式露出計【はんしゃこうしきろしゅつけい】

被写体からの反射光を測定する露出計。被写体すべてを約18%の灰色と仮定して,露出値を示す。このため,それより黒いもの(明度の低いもの),白いもの(明度の高いもの)を測ると,それぞれ露出オーバーアンダーとなる。
→関連項目TTL方式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

反射光式露出計

 被写体からの反射光を測定する露出計。標準反射率(=18%)の被写体で標準露出が得られるように設定されているため、反射率が 標準反射率 から極端に異なる被写体の場合は 露出補正 が必要となる。一眼レフなどに内蔵されているTTL方式の露出計はすべてこれ。 → 入射光式露出計 参照。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone