コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射光式露出計 ハンシャコウシキロシュツケイ

3件 の用語解説(反射光式露出計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんしゃこうしき‐ろしゅつけい〔ハンシヤクワウシキ‐〕【反射光式露出計】

写真撮影に用いる露出計のうち、被写体からの反射光を測定するタイプのもの。標準反射率を基準とするため、反射率が標準反射率と大きく異なる被写体に対しては、露出補正をしなければならない。→入射光式露出計

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

反射光式露出計【はんしゃこうしきろしゅつけい】

被写体からの反射光を測定する露出計。被写体すべてを約18%の灰色と仮定して,露出値を示す。このため,それより黒いもの(明度の低いもの),白いもの(明度の高いもの)を測ると,それぞれ露出オーバーアンダーとなる。
→関連項目TTL方式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラマン写真用語辞典の解説

反射光式露出計

 被写体からの反射光を測定する露出計。標準反射率(=18%)の被写体で標準露出が得られるように設定されているため、反射率が 標準反射率 から極端に異なる被写体の場合は 露出補正 が必要となる。一眼レフなどに内蔵されているTTL方式の露出計はすべてこれ。 → 入射光式露出計 参照。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

反射光式露出計の関連キーワード逆光距離計露出計光沢反射測角器電気露出計入射光式露出計標準反射率pHメーター音波ログ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone