コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射法 はんしゃほうreflection method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反射法
はんしゃほう
reflection method

地震探査法の一つで,地下に存在する地層の物理的不連続面で反射された波動を利用する方法。反射波の強さは,反射面の両側の地層の密度と弾性波速度の積の比に比例するので,屈折法と異なり弾性波速度が上下の層より低い地層の検出も可能である。震源としては火薬の爆発が多く用いられているが,最近海上での探査には水中での放電,圧搾空気圧などが利用されている。反射波の受信記録は電気的フィルタを通して必要な周波数帯が取出され,自動制御によって適当な振幅に記録される。この記録の表示方式には波形表示,濃淡表示および面積表示などがある。石油,天然ガスの探査,海底の地質構造の探査のために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

反射法の関連キーワード相関シューティング法リフレクソロジー超音波探傷試験T2中央構造線超音波探傷ラウエ斑点音波探査順序関係物理探査人工地震

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android