コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震探査 じしんたんさseismic survey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震探査
じしんたんさ
seismic survey

人工地震による地震波を利用した物理探査地震探鉱弾性波探査などともいう。火薬・ダイナマイト圧縮空気・放電などによって地中または海面で人工地震を発生させて地下へ地震波を送り,地層の境目で屈折したり反射したりする弾性波の伝播状況を観測して,地質構造や地下の状態を調査する(→屈折法反射法)。磁力探査重力探査に比べてより詳細な解析が可能であり,石油探鉱などに威力を発揮するほか,建設工事に際しての地質調査にも使われる。また近年,バイブロサイスという震源車で地震波を発生させる反射法が断層や火山体の構造調査などに広く利用されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じしん‐たんさ〔ヂシン‐〕【地震探査】

爆薬の爆発を利用して人工的な地震を発生させ、その地震波(弾性波)の伝播(でんぱ)の状況から地下の構造を知り、鉱床などの地下資源を探索する方法。地震探鉱。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地震探査【じしんたんさ】

地震探鉱,弾性波探査とも。人工的に弾性波を発生させ,この震動(疎密波)を多数の地震計で測定し地質構造を推定する方法。疎密波の反射を利用する反射法と,屈折波をとらえる屈折法がある。
→関連項目人工地震石油探査物理探査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じしんたんさ【地震探査 seismic exploration】

地下を調べる物理探査技術の一つで,弾性波探査ともいう。爆薬等の人工的震源から地下に地震波,すなわち弾性波を送れば,その一部は地層の弾性的不連続面で反射,屈折され,再び地表に帰ってくる。したがって,これを観測すれば地下構造や地下の物理的性質を知ることができる。図1のように波の伝搬速度がそれぞれv1,v2の地層があるとき,その境界に波が角度θ1で入射すれば同じ角度で反射される。また一部はこの境界面で屈折され第2の層に進入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じしんたんさ【地震探査】

物理探査法の一。火薬を地下で爆発させて人工的に弾性波を発生させ、その伝播でんぱ状態から、鉱床を探知したり地質構造を解明する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地震探査の言及

【地質調査】より

…しかしながら,この推定を確かめたり,さらに深いところの状態を推定するためには,他の方法を用いなければならない。(1)物理探査 いろいろな地球物理学的手法を用いて行う調査方法であり,主として利用する物理量の違いによって方法が異なり,それぞれ,地震探査,重力探査,磁気探査,電気探査,放射能探査,地温探査,物理検層などと呼ばれている。(a)地震探査 地下の岩石や地層の中を波動として伝搬する弾性波の速度を測定することによって,地下構造を明らかにする調査で,古くから,自然発生地震によって地球の内部構造,とりわけ地殻やマントル上部の構造を明らかにするために用いられてきた方法である。…

※「地震探査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地震探査の関連情報