コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反精神医学 はんせいしんいがく antipsychiatry

翻訳|antipsychiatry

1件 の用語解説(反精神医学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はんせいしんいがく【反精神医学 antipsychiatry】

1960年代に現れた精神医学における思想的潮流で,伝統的精神医学の疾病論を否定する立場をさす。この主張の代表的人物として,アメリカのサスT.Szasz,イギリスクーパーD.CooperとR.D.レインフランスのマノーニM.Mannoniらをあげることができる。反精神医学は,従来の伝統的精神医学が身体病にならって築きあげてきた疾病論を批判し,これに基づいて精神病者を収容し治療することへの異議を唱え,狂気の社会(政治)的共謀因説を主張するものであるが,とりわけその対象とする疾患は精神分裂病である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

反精神医学の関連キーワードクレペリン精神医学精神衛生ブロイラー苦痛快感原則シンガポールの精神医療今村新吉小田晋新福尚武村松常雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

反精神医学の関連情報