コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取り敢ふ トリアウ

デジタル大辞泉の解説

とり‐あ・う〔‐あふ〕【取り敢ふ】

[動ハ下二]
余裕をもって取る。ちゃんと取る。多く、あとに打消しの表現を伴って用いる。
「蓑も笠も―・へで、しとどにぬれて惑ひ来にけり」〈伊勢・一〇七〉
前もって用意する。準備する。
「かねてしも―・へたるやうなり」〈・胡蝶〉
ちょうどその場にある。また、当座に間に合わせる。
「―・へたるに従ひて参らせたり」〈・松風〉
こらえる。耐える。
「木の葉よりけにもろき御涙は、まして―・へ給はず」〈・葵〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とりあう【取り敢ふ】

( 動下二 )
物などを手に取ることができる。準備できる。 「蓑みのも笠も-・へで/伊勢 107
人を動員できる。駆り集めることができる。 「御ともの人は-・へけるに従ひて/蜻蛉
前もって用意する。多く、打ち消しの語を伴って用いる。 「つれなきを恨みもはてぬしののめに-・へぬまで驚かすらむ/源氏 帚木
心に余裕がある。ゆとりがある。 「木の葉よりけにもろき御涙は、まして-・へ給はず/源氏 」 → とりあえず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

取り敢ふの関連キーワード打消し源氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android