当座(読み)トウザ

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざ〔タウ‐〕【当座】

物事に直面した、すぐその場。即座。「当座の知恵」
さしあたっての、その場。目下のところ。「借金で当座をしのぐ」「当座の間に合わせ」
しばらくの間。一時。「上京した当座は苦しかった」
当座預金」の略。
歌会・句会などで、その席上で出される題。また、その題で即席に詠まれる和歌・俳句。席題。即題。⇔兼日(けんじつ)
居合わせている、その場、その席。
「―の一族三十余人」〈太平記・一〇〉
[用法]当座・当分当面――「これだけあれば、当座(当分・当面)間に合う」など、しばらくの間の意では、相通じて用いられる。◇「当座」には「開店した当座は客も少なく苦しかった」のように、過去のある期間を表す用法もある。◇「当分」は、やや長い期間を表す。「当分会えないよ」「当分の間、入院することになった」など。◇「当面」には「当面する課題」のように、時間の長さではなく「今・現在」を表す用法がある。◇類似の語に「さしあたり」があり、「さしあたり生活には困らない」のように、「当面」「当座」と同じように用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうざ【当座】

その場。即座。即刻。 「上人しようにんの言葉を聴いて…-に出家の志を定めた/恩讐の彼方に
しばらくの間。当面。さしあたり。 「 -をしのぐ金」 「 -の間に合わせ」
(あることから)しばらくの間。一時いつとき。 「結婚した-は生活も苦しかった」
居合わせているその座。また、その場にいる人々。 「 -の公卿みな長方の義に同ず/平家 2
「当座預金」の略。
歌会や句会などで、会の席上出される題。また、その題で即席に詠まれた作品、およびそのような会。即題。席題。 ⇔ 兼日けんじつ 「 -の御会ありしに/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐ざ タウ‥【当座】

〘名〙
① 居合わせているその座。その席。また、その場にいる人々。その席上の人々。
※大鏡(12C前)四「当座の御おもては優にて、それにぞ人々ゆるし申給ける」
※平家(13C前)二「当座の公卿みな長方の義に同ずと申あはれけれども」
② 物事に当面したその時。その折。現在ただ今。
※虎寛本狂言・三人片輪(室町末‐近世初)「某は当座能い物を預た」
③ その場ですぐなされるさま。即座。即刻。
※古今著聞集(1254)一六「この歌の返しつかうまつるべし。但六首を一首にてかへすべしと、仰下されければ、当座につかうまつりける」
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「若小忰有とも当座に捻り殺して仕廻ふ」
④ その場かぎり。その時だけ。一時。
※玉塵抄(1563)一六「大国の楚がせがむほどに当座したがうかををするまでぞ」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「只の女と不知(しら)を切る当座(タウザ)の嘘は吐たくない」
⑤ さしあたり。しばらくの間。当分。
※玉塵抄(1563)二七「いつわって先当座奉公人になって」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉七四「夫に別れし当座こそ亡き人恋しさに我儘云ひしものの」
⑥ その場で出す和歌・俳句などの題。兼日(けんじつ)に対し、席上で即座に題を与えられて詠む和歌や俳句。また、その会。即詠。即吟。⇔兼日(けんじつ)
※明月記‐建久二年(1191)閏一二月四日「有当座狂歌等
※俳諧・類船集(1676)太「売買の銀は当座にとりやりこそよけれ」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)四「煙其日暮しに立て、突米の当(タウ)座、扣き納豆、あさりのぬきみ、居ながら調て自由成住家なり」
※朝野新聞‐明治二二年(1889)九月二四日「定期当座の預け主は〈略〉引出しを請求すれども」
⑩ 話題になっている、芝居などのその一座。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉七「静々歩出でたるは、当座(タウザ)の太夫元滝の白糸」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当座の関連情報