コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当座 トウザ

2件 の用語解説(当座の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざ〔タウ‐〕【当座】

物事に直面した、すぐその場。即座。「当座の知恵」
さしあたっての、その場。目下のところ。「借金で当座をしのぐ」「当座の間に合わせ」
しばらくの間。一時。「上京した当座は苦しかった」
当座預金」の略。
歌会・句会などで、その席上で出される題。また、その題で即席に詠まれる和歌・俳句。席題。即題。⇔兼日(けんじつ)
居合わせている、その場、その席。
「―の一族三十余人」〈太平記・一〇〉
[用法]当座・当分当面――「これだけあれば、当座(当分・当面)間に合う」など、しばらくの間の意では、相通じて用いられる。◇「当座」には「開店した当座は客も少なく苦しかった」のように、過去のある期間を表す用法もある。◇「当分」は、やや長い期間を表す。「当分会えないよ」「当分の間、入院することになった」など。◇「当面」には「当面する課題」のように、時間の長さではなく「今・現在」を表す用法がある。◇類似の語に「さしあたり」があり、「さしあたり生活には困らない」のように、「当面」「当座」と同じように用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうざ【当座】

その場。即座。即刻。 「上人しようにんの言葉を聴いて…-に出家の志を定めた/恩讐の彼方に
しばらくの間。当面。さしあたり。 「 -をしのぐ金」 「 -の間に合わせ」
(あることから)しばらくの間。一時いつとき。 「結婚した-は生活も苦しかった」
居合わせているその座。また、その場にいる人々。 「 -の公卿みな長方の義に同ず/平家 2
「当座預金」の略。
歌会や句会などで、会の席上出される題。また、その題で即席に詠まれた作品、およびそのような会。即題。席題。 ↔ 兼日けんじつ 「 -の御会ありしに/平家 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当座の関連キーワード逃避感傷神色自若即座即席其の場直面逃避主義場面次ぐ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当座の関連情報