コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当座 トウザ

デジタル大辞泉の解説

とう‐ざ〔タウ‐〕【当座】

物事に直面した、すぐその場。即座。「当座の知恵」
さしあたっての、その場。目下のところ。「借金で当座をしのぐ」「当座の間に合わせ」
しばらくの間。一時。「上京した当座は苦しかった」
当座預金」の略。
歌会・句会などで、その席上で出される題。また、その題で即席に詠まれる和歌・俳句。席題。即題。⇔兼日(けんじつ)
居合わせている、その場、その席。
「―の一族三十余人」〈太平記・一〇〉
[用法]当座・当分当面――「これだけあれば、当座(当分・当面)間に合う」など、しばらくの間の意では、相通じて用いられる。◇「当座」には「開店した当座は客も少なく苦しかった」のように、過去のある期間を表す用法もある。◇「当分」は、やや長い期間を表す。「当分会えないよ」「当分の間、入院することになった」など。◇「当面」には「当面する課題」のように、時間の長さではなく「今・現在」を表す用法がある。◇類似の語に「さしあたり」があり、「さしあたり生活には困らない」のように、「当面」「当座」と同じように用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうざ【当座】

その場。即座。即刻。 「上人しようにんの言葉を聴いて…-に出家の志を定めた/恩讐の彼方に
しばらくの間。当面。さしあたり。 「 -をしのぐ金」 「 -の間に合わせ」
(あることから)しばらくの間。一時いつとき。 「結婚した-は生活も苦しかった」
居合わせているその座。また、その場にいる人々。 「 -の公卿みな長方の義に同ず/平家 2
「当座預金」の略。
歌会や句会などで、会の席上出される題。また、その題で即席に詠まれた作品、およびそのような会。即題。席題。 ↔ 兼日けんじつ 「 -の御会ありしに/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当座の関連キーワード一寸延びれば尋延びる個人ローン信用保険オーバードラフト手形専用当座勘定個人当座預金日銀当座預金テンポラリー当座勘定契約当座貸越し当座小切手預金貨幣当座比率一夜漬け付込み帳当座振込潜在通貨預金通貨当座資産当座借越信用創造

当座の関連情報