コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)上げ親 トリアゲオヤ

2件 の用語解説(取(り)上げ親の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりあげ‐おや【取(り)上げ親】

生まれた子供を取り上げた人が仮親(かりおや)になること。また、その人。子取り親。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

取上げ親
とりあげおや

トリアゲ(助産)にあたった女性と生児との間に取り結ばれる仮の親子関係における親。その子は取子(とりご)という。職業的な助産婦が一般化する以前は、トリアゲババ、コナサセババなどという手慣れた老女や結婚の世話にあたった妻女などが、出産に立ち会い、「助産」の役割を多く果たした。その際トリアゲにあたった女性を親にたて、生児の将来の世話をも頼むのである。一種の呪術(じゅじゅつ)的な親子関係で、古くは生児の生命力に特殊な影響をもつと考えたのであろう。しかし村々の半職業的な形のトリアゲババの類は実際上も生児と久しく交渉をもち、種々身上相談的な助力をのちのちまで果たしていた。そして職業助産婦の古い人々にも中部山地の村々などには、なおその余風が残っていた。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

取(り)上げ親の関連キーワードチェンジリングカリオカ仮親産児刈上げ取り上げ髪取上げ婆取上げ孫召上げる揺すり起す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone