コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助産婦 ジョサンプ

7件 の用語解説(助産婦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょさん‐ぷ【助産婦】

助産師の旧称。
[補説]作品名別項。→助産婦

じょさんぷ【助産婦】[戯曲]

《原題、〈ドイツDie Hebamme》ドイツの劇作家、ホーホフートによる戯曲。1972年の作品。喜劇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

助産婦【じょさんぷ】

正常分娩(ぶんべん)の介助や,正常な妊婦,産褥(さんじょく)婦,新生児保健指導などを業とする女性。異常な場合は産科医が扱う。家族計画の助言に当たることもある。
→関連項目助産所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

助産婦

 厚生労働大臣の免許を受けて助産をしたり,妊婦,褥婦や新生児の保険指導を行う女性とされていた.2002年3月から改正法が施行され助産師となった.⇒看護婦

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じょさんぷ【助産婦 midwife】

助産の仕事は,古くから母親が自らの出産や育児の経験を生かして他の母親を助け,さらに次の母親へと受け継いできたもので,いわば,共同体内部の相互扶助として行われてきた看護の原型である。したがって,看護分野では最も早く職業として成り立ち,法的にも1899年に〈産婆規則〉が制定され,開業権を有している。
【現代の助産婦

[資格と教育]
 保健婦助産婦看護婦法(1948)では,〈厚生大臣の免許を受けて,助産または妊婦,褥婦(じょくふ)もしくは新生児の保健指導をなすことを業とする女子〉と定められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助産婦
じょさんぷ

助産師」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

助産婦
じょさんぷ

「保健婦助産婦看護婦法」(昭和23年法律第203号)によって定められた、助産または妊婦・褥婦(じょくふ)もしくは新生児の保健指導をなすことを業とする女性の資格の名称。2002年(平成14)3月以降「助産師」に改められた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助産婦の関連キーワード嬰児殺し擬娩老い耄れ畑違い母権仕事当量藁の上から助産院コールズ法則助産師外来と院内助産所、助産科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

助産婦の関連情報