助産婦(読み)じょさんぷ

百科事典マイペディアの解説

助産婦【じょさんぷ】

正常分娩(ぶんべん)の介助や,正常な妊婦,産褥(さんじょく)婦,新生児保健指導などを業とする女性。異常な場合は産科医が扱う。家族計画の助言に当たることもある。産婆とも呼ばれた。保健婦助産婦看護婦法(1948年)の規制下にあり,女子のみである。2002年同法は〈保健師助産師看護師法〉と改称され,助産婦は助産師に改められた。資格は助産師国家試験に合格すれば得られ,免許付与者は厚生労働大臣
→関連項目助産所

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

助産婦

 厚生労働大臣の免許を受けて助産をしたり,妊婦,褥婦や新生児の保険指導を行う女性とされていた.2002年3月から改正法が施行され助産師となった.⇒看護婦

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょさんぷ【助産婦 midwife】

助産の仕事は,古くから母親が自らの出産や育児の経験を生かして他の母親を助け,さらに次の母親へと受け継いできたもので,いわば,共同体内部の相互扶助として行われてきた看護の原型である。したがって,看護分野では最も早く職業として成り立ち,法的にも1899年に〈産婆規則〉が制定され,開業権を有している。
【現代の助産婦】

[資格と教育]
 保健婦助産婦看護婦法(1948)では,〈厚生大臣の免許を受けて,助産または妊婦,褥婦(じょくふ)もしくは新生児の保健指導をなすことを業とする女子〉と定められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

助産婦
じょさんぷ

「保健婦助産婦看護婦法」(昭和23年法律第203号)によって定められた、助産または妊婦・褥婦(じょくふ)もしくは新生児の保健指導をなすことを業とする女性の資格の名称。2002年(平成14)3月以降「助産師」に改められた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助産婦の関連情報