コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叢談 ソウダン

デジタル大辞泉の解説

そう‐だん【×叢談】

いろいろの物語を集めたもの。
「新聞の―を論じ」〈服部誠一・東京新繁昌記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の叢談の言及

【伝奇】より

…一方,歴史的人物の逸話や事件の断片を集めた説話集は張鷟(ちようさく)の《朝野僉載(ちようやせんさい)》,趙璘(ちようりん)の《因話録》,李肇(りちよう)の《国史補》などが盛唐から中唐にかけて書かれ,さらに晩唐・五代へと続いていく。これらは〈志人小説〉とか,あるいは〈雑録〉〈叢談〉などと称せられる。これらは数十から300余編に及ぶ説話を記録していたが,その中には比較的長編でいわゆる伝奇風の内容をもつ作品もあり,これらの土壌から〈伝奇小説〉が生まれたと言えよう。…

※「叢談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

叢談の関連キーワード松山藩(伊予国)吾妻 健三郎長谷部九兵衛根本五左衛門伊達 邦宗小山久之助大口六兵衛香取 秀真小野 武夫大高坂芝山楠里亭其楽清水春流都治月丹三宅寄斎西山順泰中邑阿契多田加助吉田篁墩武芸小伝堤宝山流