口端(読み)くちは

精選版 日本国語大辞典「口端」の解説

くち‐は【口端】

※洒落本・魂胆惣勘定(1754)上「暮の六つより見せに居て、地廻りの口端(クチハ)にかかり」

くち‐ばた【口端】

〘名〙 口のはた。口のわき。
※雑俳・柳多留‐五(1770)「口ばたをたいこ遣手につめられる」

こう‐たん【口端】

〘名〙 口のはし。口のまわり。くちさき。〔布令字弁(1868‐72)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android