口の端(読み)クチノハ

デジタル大辞泉の解説

くち‐の‐は【口の端】

言葉のはしばし。口先。くちは。
「無理に言わせられた表面の―に過ぎないのだ」〈左千夫・春の潮〉
うわさ。評判。くちは。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 の 端(は)

言葉のはしばし。くちさき。また、話の種。うわさ。くちは。
※春の潮(1908)〈伊藤左千夫〉「無理に言はせられた表面の(クチ)の端(ハ)に過ぎないのだ」

くち【口】 の 端(はた)

すぐそば。すぐ近く。
俳諧・文化句帖‐三年(1806)一二月「藪むらや口のはた迄梅の花」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

口の端の関連情報