コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古九谷 コクタニ

5件 の用語解説(古九谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐くたに【古九谷】

江戸時代、明暦(1655~1658)から元禄(1688~1704)にかけて加賀国九谷で焼かれたとされる磁器。→九谷焼

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こくたに【古九谷】

石川の日本酒。酒名は、華麗な色使いで知られる地元産の磁器に由来。アルコール度数18%以上の本醸造原酒。原料米は五百万石仕込み水は白山の伏流水。蔵元の「山本酒造本店」は明治元年(1868)創業。所在地は能美市末寺町。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こくたに【古九谷】

明暦(1655~1658)頃から元禄(1688~1704)初年の間に加賀国九谷で焼かれたと伝えられる色絵磁器。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古九谷
こくたに

九谷焼」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古九谷
こくたに

この名称は、石川県加賀(かが)市山中温泉九谷町(やまなかおんせんくたにまち)で焼かれた焼物をさす場合と、古九谷様式の色絵磁器をさす場合とに大別される。石川県の九谷で江戸時代前期に磁器が焼かれたことは窯跡調査で判明しており、この窯址(ようし)からは1656年(明暦2)の染付の陶片が出土している。しかし、これは世に伝世する古九谷とよばれる色絵磁器とは結び付かない。そこで、この古九谷なる伝世色絵磁器の窯の帰属が問題となるが、現段階では伊万里焼である可能性が濃い。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の古九谷の言及

【九谷焼】より

…17世紀半ば,大聖寺藩主前田利治が家臣の後藤才次郎らに命じて製陶したのにはじまり,約50年ほどで廃止されたと伝えられている。この期の作と考えられるものを一般に〈古九谷〉と呼ぶ。しかし,古九谷に関しては,その開始時期をはじめとして,その発展の経緯や廃窯の時期,有田焼との関係など,その窯跡が発掘調査された現時点においても明確な結論が出ていない。…

※「古九谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

古九谷の関連キーワード明暦滑り唄ヌイツ奈良屋茂左衛門天野酒九谷焼評判記明暦虎徹薩【た】峠

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古九谷の関連情報