コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大聖寺川 だいしょうじがわ

3件 の用語解説(大聖寺川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大聖寺川
だいしょうじがわ

石川県金沢平野の南部を流れる川。全長約 40km。福井県境の大日山に源を発し,山中温泉付近では鶴仙峡と呼ばれる渓谷をつくり,平野に出る。加賀市の中心市街地大聖寺を通り,福井県境塩屋町で北潟湖の水を合せて日本海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいしょうじ‐がわ〔ダイシヤウジがは〕【大聖寺川】

石川県南西部を流れる川。福井県との県境にある大日(だいにち)山(標高1368メートル)に源を発し、北西流して加賀市の中心街大聖寺を通り、塩屋で日本海に注ぐ。長さ40キロ。上流域の九谷(くたに)には国の史跡九谷窯(よう)跡があり、中流域には山中温泉・鶴仙(かくせん)峡など観光地がある。また、北潟(きたがた)湖との合流点近くの川沿いには常緑広葉樹木の原生林鹿島の森が広がり、国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大聖寺川
だいしょうじがわ

石川県の南西部を流れる川。福井県境の大日(だいにち)山に源を発し、加賀(かが)市山中温泉(やまなかおんせん)地区を北西流し塩屋(しおや)で日本海に注ぐ。延長39.6キロメートル。かつては加賀市大聖寺地区のあたりで水害をおこしたが、1965年(昭和40)我谷(わがたに)ダムの完成で解消した。上流に国の史跡九谷(くたに)磁器窯跡があり、山中温泉の西側に鶴仙(かくせん)渓とよばれる約1キロメートルの渓谷をつくる。河口近く北潟(きたがた)湖の合流点付近には国の天然記念物の常緑広葉樹林「鹿島(かしま)の森」がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大聖寺川の関連キーワード阿賀川浅野川足羽川板取川烏川北川日野川にかほ三ノ峰手取湖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大聖寺川の関連情報