コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今名物類聚 ここんめいぶつるいじゅう

大辞林 第三版の解説

ここんめいぶつるいじゅう【古今名物類聚】

江戸後期の名物記。1797年刊。一八巻。松平不昧の著とされる。茶碗・茶入れなどの茶道具中心の名物を類聚し、図説とともに実証的に記載。中興名物・大名物・名物などの品等および呼称はこの書によって定まった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ここんめいぶつるいじゅ【古今名物類聚】

江戸時代に編集された名物茶器の図鑑。松平不昧(ふまい)が陶斎尚古老人の名で著したもの。全18巻。1787年(天明7)の不昧の序があり,1789年(寛政1)から9年間にわたり4回にわけて出版された。中興名物茶入,大名物茶入,後窯(あとがま)国焼天目茶碗,楽焼茶碗,雑記,拾遺名物切(裂)の8部からなり,大名物,名物,中興名物呼称と格付けが行われており,江戸時代を通じて名物茶器を記した最高の茶書となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の古今名物類聚の言及

【大名物】より

…そして,利休時代に現れたものを名物,遠州時代のものを中興名物とし,これに大名物を加えた3段階の類別が行われている。しかしこれには,松平不昧(ふまい)が《古今名物類聚》(1787)の凡例で,遠州の選別したものを中興名物とし,それ以前をすべて,大名物と称したことを考慮しなければならない。【戸田 勝久】。…

【名物裂】より

…これが元禄4年(1691)正月吉日の墨書をもつ《鴻池家道具帳》,さらに享保年間(1716‐36)に書かれた《槐記》になると,裂の固有の名はきわめて豊富になる。 しだいに特定の名称で珍重され,定着してきた裂類がはじめて〈名物裂〉として集大成されたものに,松江の藩主松平不昧(松平治郷)による《古今名物類聚》(1791)名物切之部がある。この書には166裂が収録されるが,同名数点を含むものもあるので種類としては106種である。…

※「古今名物類聚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古今名物類聚の関連キーワード舟越間道有栖川錦松平治郷名物記名物裂不昧流茶入れ図説品等茶入松平

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android