雑記(読み)ざっき

精選版 日本国語大辞典「雑記」の解説

ざっ‐き【雑記】

〘名〙 いろいろ思いついたままに書きつけること。また、そのもの。雑録雑筆。ぞうき。
※史記抄(1477)二〇「斉の雑記あり。韓内伝韓外伝なり」 〔新唐書‐芸文志二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑記の言及

【記】より

…経書の《礼記》,歴史書の《史記》,みな〈記〉の一種だと言えるが,唐宋時代に〈古文〉が栄えた以後,特殊なジャンルとなってゆく。近代の学者は歴史書をふくむ記録一般をひっくるめて〈記載〉と呼び,その中に〈雑記〉の1類を立てる。ここにいう〈記〉は,その〈雑記〉にあたるもので,公的な記録を除き,個人的な事柄の記述を主とする。…

※「雑記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android