コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代研究 コダイケンキュウ

デジタル大辞泉の解説

こだいけんきゅう〔コダイケンキウ〕【古代研究】

折口信夫の著書。3巻。昭和4~5年(1929~1930)刊。民俗学に基づいた文学の発生的研究や古代信仰祭礼などの考察を体系化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こだいけんきゅう【古代研究】

折口信夫著。一九二九(昭和四)~30年刊。三巻。民俗学の見地から文学の発生や信仰・祭礼など多方面にわたる考察を体系化した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古代研究の関連キーワードフンボルト(Karl Wilhelm Freiherr von Humboldt)死者の書(折口信夫の小説)E. ウィンディシュベヒシュタインルネサンス美術オーラフソントルバルセンユマニストにひまなび端午の節供國學院大學折口 信夫ペトラルカプリンセプ新撰姓氏録三国遺事三国史記ラブレー高野新笠リゴリオ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古代研究の関連情報