コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋芳雄 こや よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋芳雄 こや-よしお

1890-1974 大正-昭和時代の公衆衛生学者,作家。
明治23年8月27日生まれ。金沢医大教授をへて昭和21年国立公衆衛生院長,31年日本医大教授。人口問題,家族計画にとりくみ,結核の疫学調査もおこなう。東京帝大在学中に岸田劉生(りゅうせい)を知り,大正6年武者小路実篤(さねあつ)らと同人誌「青空」を創刊し,小説「地を嗣ぐ者」などを発表。昭和49年2月22日死去。83歳。大分県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋芳雄の関連キーワード佐々木 秀光昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android