疫学調査(読み)えきがくちょうさ(英語表記)epidemiological research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疫学調査
えきがくちょうさ
epidemiological research

元来は,感染症流行を調査研究する調査方法であったのが,いまは対象範囲を広げ,多発する健康障害について,その原因や異状の状態などを,社会集団を対象として究明する調査方法とされている。環境,宿主病原体の3方向から統計学的,病理学的,臨床学的な多様な調査手段を使って,総合的に調査研究を行う調査方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えきがく‐ちょうさ〔‐テウサ〕【疫学調査】

地域や集団を調査し、病気の原因と考えられる要因と病気の発生の関連性について、統計的に調査すること。例えば、喫煙者と非喫煙者の肺癌(はいがん)発生率を比較することで、喫煙によって肺になる危険性が何倍になるか調べる。→疫学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例