コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族計画 かぞくけいかくfamily planning

翻訳|family planning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家族計画
かぞくけいかく
family planning

結婚した夫婦が,自分たちの社会的,経済的条件,住宅事情,教育,人生観などを考慮して,最も適当な数の子供を適当な時期に産み育て,健全な家庭をつくっていくことをいう。手段としては受胎調節技術を用いる。かつては国力増強のため,家族計画思想はむしろ罪悪視されていたが,第2次世界大戦後,母子保健,母性保護の立場から積極的に奨励されるようになった。特に 1960年代初めより,発展途上国で人口増加が深刻な問題となり,人口抑制策としての家族計画運動が世界各国で盛んになった。日本では,終戦直後のベビーブームに対して 48年に国民優生法が優生保護法に改正され,一時的に人工妊娠中絶が増加したが,受胎調節技術の普及とともに漸減した (→母体保護法 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かぞく‐けいかく〔‐ケイクワク〕【家族計画】

それぞれの家庭の事情に合わせて、夫婦が計画的に子供をつくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

家族計画【かぞくけいかく】

家族の経済能力,母子の健康などを考慮し,出産間隔や産児数を計画的に調整して幸福な家庭生活の実現を図ること。受胎阻止(避妊)と受胎促進の両面を含む受胎調節を中心に,場合によっては人工妊娠中絶不妊手術をもその手段とする。
→関連項目加藤シヅエサンガー産児制限運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

家族計画

 受胎調節によって出産を調節し計画的に家族を構成すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぞくけいかく【家族計画】

家族全員の幸福のために,家族にとって最も適当な数の子どもを,最も適当な時期に適当な間隔で出産するように,妊娠,分娩に計画性をもたせること。単なる産児制限とは異なり,家族計画は〈生まれてくる子どもは,すべて望まれた子どもでなければならない〉という基本理念から出発している。家族計画family planningということばは,大恐慌以後の1930年代から欧米諸国で好んで使われるようになったが,その際にも産児制限(バース・コントロール)の技術より,それを実践する生活態度が強調されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かぞくけいかく【家族計画】

家庭事情などに応じて、出産間隔や産児数を考え妊娠・出産に計画性をもたせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家族計画
かぞくけいかく

望ましい人口水準の維持や家族生活の安定を目的とし、国家の人口政策や、それぞれの家庭の意向に基づいて夫婦が職業、収入、住宅、年齢などの生活条件や生活目標を考慮して、産児数や出産間隔などを計画的に調節することをいう。近代化した社会では、受胎調節を行って、希望する時期に受胎し、希望する数の子供を出産するよう計画している夫婦が増加した。一部の夫婦は、不妊症のため希望しても妊娠しない場合、治療を受けて、妊娠、出産するよう計画している。
 家族計画は、私的な各家庭の生活設計として始まり、社会変化に対応する生活維持・向上運動として普及したが、現在では社会的な人口計画の方法にもなっている。社会の近代化に伴って、人口は「多産少死」型になって急激に増加したので、人口過剰を防ぐために産児制限を主とする家族計画が普及した。しかし「少産少死」型に移行するに伴って、適正人口を維持するための計画出産支援を主とする家族計画政策が重視されるようになっている。発展途上国は「多産少死」の段階にあるため、産児を1人または2人に制限する家族計画政策を実施している。日本を含む先進諸国では、少産・少子化が著しく、人口の減少および超高齢化が予測されるようになったため、人口を横ばい状態(静止人口)に保つことを目的として、家族計画・育児支援政策が拡充されている。[山手 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家族計画の言及

【産児制限】より

…ただ人口を減少させるのが目的ではなく,人間文化の発展につれて自分の境遇を自分の手で変えていく一つの方法として重要な意義がある。家族にとって望ましいときに子どもが生まれてくるよう,妊娠,分娩に計画性を持たせることを家族計画といい,避妊などにより妊娠の時期を調節することを受胎調節というが,産児制限と必ずしも厳密に使い分けられてはいない。マルサスは《人口論》(第2版,1803)で,過剰人口,貧困の解決策として道徳的抑制すなわち結婚の延期と禁欲による人口の制限を提唱している。…

【人口】より

…このような人口増加率,たとえば年率2.5%あるいは3%を超える高水準増加率が発展途上国の近代化を阻害するものであることが,とくに1963年の第1回国連アジア人口会議を契機として広く発展途上国において理解されるに至った。このようにして,人口増加の抑制を目的とした出生制限のための政策,とくに家族計画が広く世界の発展途上国において採択,実行されていった。
[人口増加率,低下傾向へ]
 人口現象自体の変化とこれについての認識や政策との間には,時間的ギャップがみられる。…

【避妊】より

…避妊は医学的には〈受胎調節〉と呼ばれることが多く,社会制度上も母体保護法に受胎調節実施指導員の規定がある。似た言葉に〈産児制限〉〈家族計画〉がある。産児制限birth controlの語はかつてよく用いられたが,出産の制限をするというよりも受胎を制限することが目的であり,また〈制限〉の語感には抵抗もあることから,受胎調節の語が用いられるようになった。…

※「家族計画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家族計画の関連キーワードサンガー(Margaret Sanger)マーガレット・ヒギンズ サンガーリプロダクティブ・ヘルス/ライツソーシャル・マーケティングプロジェクト方式技術協力サンガー マーガレットマイクロ・クレジットナフィス サディック国際家族計画連盟E. シュルロ加藤 シヅエJOICFP国連人口基金ダンディGO国連人口賞UNFPA藤代三千代下条 康麿奈良林 祥馬島ゆたか

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家族計画の関連情報