コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋野意春 こやの いしゅん

1件 の用語解説(古屋野意春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋野意春 こやの-いしゅん

1756-1812 江戸時代中期-後期の医師。
宝暦6年生まれ。近藤西涯に漢学を,備前岡山藩医田中意順に医学をまなび,郷里の備中(びっちゅう)(岡山県)倉敷で開業する。また香山楼塾をひらいた。文化7年外国地誌「万国一覧図説」をあらわした。文化9年5月24日死去。57歳。名は元隣。字(あざな)は徳卿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋野意春の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラック歌舞伎模様沢村宗十郎瀬川菊之丞ロシア演劇赤尾丹治ゴンチャロフティチングピール

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone