コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古庄ゆき子 こしょう ゆきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古庄ゆき子 こしょう-ゆきこ

1929- 昭和後期-平成時代の女性史研究家。
昭和4年5月30日生まれ。48年母校別府大の教授。地域に根ざした研究をつづけ,50年「ふるさとの女たち」で大分地方の近代農村女性の労働と意識を分析し,注目をあびた。平成15年「ここに生きる─村の家・村の暮らし」で日本エッセイスト・クラブ賞。大分県出身。著作はほかに「豊後おんな土工」「大分おんな百年」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古庄ゆき子の関連キーワードここに生きる/村の家・村の暮らし

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android