コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古期教会スラブ語 こききょうかいスラブごOld Church Slavonic language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古期教会スラブ語
こききょうかいスラブご
Old Church Slavonic language

9世紀にモラビアでキリスト教を布教した,キュリロスとメトディオスが翻訳した聖書 (現存するのは 10~11世紀の写本) によって知られる言語。南スラブ語に属し,古期ブルガリア語と呼ばれることもあるが,現代のブルガリア語がその直系といえるかどうかは疑問とされる。スラブ語派の最古の文献であり,再構されるスラブ祖語の形に近く,スラブ語派ならびにインド=ヨーロッパ語族の史的研究には重要な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古期教会スラブ語の関連キーワードグラゴル文字メトディオス教会スラブ語キュリロスチェコ文学キリル文字チェコ語

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android