コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古検・新検 こけんしんけん

世界大百科事典 第2版の解説

こけんしんけん【古検・新検】

江戸時代の検地用語。この区別には,(1)天正・慶長年間(1573‐1615)に行われた太閤検地を古検,その後徳川氏の検地を新検という。(2)江戸時代1690年(元禄3)2月,幕府の検地条目公布を基準としてその前後に分ける。(3)1726年(享保11)6月,幕府の新田検地条令公布を基準としてその前後に分ける。以上のうち,(1)はおもに畿内では適用できるが他の地域では不可。(2)(3)の場合,それぞれの時点での区分であるが,現実には新検に当たる元禄・享保年間以降に総検地を実施している地域はごく例外でこれも不可。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android