コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古検・新検 こけんしんけん

1件 の用語解説(古検・新検の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こけんしんけん【古検・新検】

江戸時代の検地用語。この区別には,(1)天正・慶長年間(1573‐1615)に行われた太閤検地を古検,その後徳川氏の検地を新検という。(2)江戸時代1690年(元禄3)2月,幕府の検地条目公布を基準としてその前後に分ける。(3)1726年(享保11)6月,幕府の新田検地条令公布を基準としてその前後に分ける。以上のうち,(1)はおもに畿内では適用できるが他の地域では不可。(2)(3)の場合,それぞれの時点での区分であるが,現実には新検に当たる元禄・享保年間以降に総検地を実施している地域はごく例外でこれも不可。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古検・新検の関連キーワード古検新田検地細見竹地押し新検水縄内検地込み歩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone