古様(読み)いにしえざま

  • いにしえざま いにしへ‥
  • こよう ‥ヤウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 昔のありさま。昔のこと。
※源氏(1001‐14頃)行幸「今宵(こよひ)は、いにしへざまのことはかけ侍らねば」
〘名〙 (形動)
① 年寄りじみていること。古びて生気がないこと。また、そのさま。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「老人の立振舞、老いぬればとて、腰膝を屈め、身を約むれば、花失せて、こやうに見ゆるなり」
② 古い形式。古いかたち。また、そのさま。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「古様(〈注〉フルキカタ)の水筒を以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android