立(ち)振(る)舞(い)(読み)タチフルマイ

デジタル大辞泉の解説

たち‐ふるまい〔‐ふるまひ〕【立(ち)振(る)舞(い)】

立ち居振る舞い」に同じ。
《「たちぶるまい」とも》旅に出るにあたって、人を招いて別れの飲食をすること。
「支度の出来た所へ媒妁(なこうど)夫婦が乗込む。そこで簡略な―があって」〈紅葉・二人女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android