立(ち)振(る)舞(い)(読み)タチフルマイ

デジタル大辞泉の解説

たち‐ふるまい〔‐ふるまひ〕【立(ち)振(る)舞(い)】

立ち居振る舞い」に同じ。
《「たちぶるまい」とも》旅に出るにあたって、人を招いて別れの飲食をすること。
「支度の出来た所へ媒妁(なこうど)夫婦が乗込む。そこで簡略な―があって」〈紅葉・二人女房〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐ふるまい ‥ふるまひ【立振舞】

〘名〙
※風姿花伝(1400‐02頃)二「およそ、老人のたちふるまひ、老いぬればとて、腰膝を屈め、身を約むれば」
※浄瑠璃・信州川中島合戦(1721)三「惣じて敵の国へ入時は挙動(タチフルマヒ)にも気を付」
② (「たちぶるまい」とも) 旅行に発する時にする御馳走や宴会。
※役者論語(1776)耳塵集「十月江戸へ下る時、坂田藤十郎私宅にて立振舞(タチブルマヒ)致され」
③ 特に、興行を打ち上げて、次の興行地へ出発するとき、興行主が関係者を招いて門出を祝う宴。
浮世草子・新色五巻書(1698)二「平左衛門機嫌よく座中不残(のこらず)立ぶるまい」

たち‐ふるま・う ‥ふるまふ【立振舞】

〘自ハ四〙 日常の、なにげない動作をする。行動する。
※太平記(14C後)二一「武家の人に紛んとしけれ共、立振舞へる体、さすがになまめいて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android