コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古生化学 こせいかがくpaleobiochemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古生化学
こせいかがく
paleobiochemistry

生化学で得られた知識を利用して,分析化学の手法を用い,化石に残っている有機物を研究する学問。 P. H.エーベルソンが 1954年に化石中にアミノ酸を発見したのち発展した。現在では世界各地で,各地質時代の各種類につきアミノ酸組成が判明している。化石を材料として分子レベルで進化を解明するのを目的とするが,続成作用で化石が受けた化学組成の変化を無視できない点,研究上の困難がある。近年の著例では,中新世産のモクレン類の DNAが復元された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古生化学の言及

【化学化石】より

…1967年,G.エグリントンとM.カルビンが命名した。化石の有機物については,すでに1954年にP.H.アーベルソンによって,デボン紀以降の各種の化石からアミノ酸が検出され,化石の研究に生化学の方法が導入できるとして,古生化学という研究分野が提唱されていた。最も安定な有機化合物は炭化水素で,炭素‐炭素の結合エネルギーは66.5kcalである。…

【古生物学】より

…古生物の地理的分布やその変遷は古生物地理学で扱う。古生物の残した有機物の化石の生化学的研究は古生化学で行われ,地球における生命発生以来の生物進化が分子レベルで追究される。化石の生物学的意義をもっぱら追究する分野はパレオバイオロジーといわれ,純古生物学,生物学的古生物学などと訳されている。…

※「古生化学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古生化学の関連キーワード化学化石生化学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android