コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古畑玉函 ふるはた ぎょくかん

1件 の用語解説(古畑玉函の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古畑玉函 ふるはた-ぎょくかん

1778-1848 江戸時代後期の儒者。
安永7年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩士。藩主大久保氏の信任をえたが,藩士たちのねたみをかって30歳余で除籍。のち江戸八丁堀で子弟におしえた。四書・五経などに精通し,上野(こうずけ)館林(たてばやし)藩主に厚遇された。嘉永(かえい)元年9月1日死去。71歳。名は岳。字(あざな)は子高,公文。別号に長嘯楼,本翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古畑玉函の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起市川春琳パリのパンテオン市川団十郎城戸千楯土生玄碩カモラガリバルディカルロ・アルベルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone