除籍(読み)じょせき

精選版 日本国語大辞典「除籍」の解説

じょ‐せき ヂョ‥【除籍】

〘名〙
① 台帳から記録を削除すること。名簿などから、その人の氏名や記録をとりのぞくこと。じょしゃく。
※日本後紀‐延暦二三年(804)四月辛未「制、頽壊成川之地、屡事除籍、新出為田之状、未言上
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「刺客およそ十七人、脱藩除籍の願書を藩邸に投げ込んで」 〔清会興事例‐戸部・戸口・改正戸籍〕
② 平安時代以降、殿上人が罪や勅勘によって昇殿を停止されること。「籍」とは日給の簡(ふだ)で、清涼殿におき、殿上人の名を録するのに用いた。昇殿を停止されると、その簡を除いて、名を削った。じょしゃく。
※権記‐長保二年(1000)五月二七日「昨滝口周防介惟宗行賢、藤原親光有闘乱事。仍被追放除籍云々」 〔宋史‐文苑伝・黄夷簡〕

じょ‐しゃく ヂョ‥【除籍】

※名目鈔(1457頃)諸公事言説「除籍(ヂョシャク)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

図書館情報学用語辞典 第5版「除籍」の解説

除籍

図書館で,所在不明であったり,破損,汚損があったり,あるいは不要となった資料を原簿から削除すること.その図書館の物品管理規程に従った処理が行われる.除籍された資料に対しては,廃棄寄贈,売却などの処理がとられる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

デジタル大辞泉「除籍」の解説

じょ‐せき〔ヂヨ‐〕【除籍】

[名](スル)
学籍・戸籍や名簿などから名前を除くこと。
平安時代、殿上人(てんじょうびと)が罪科や勅勘によって昇殿を停止されること。日給の簡(ふだ)を除いて、名を外した。じょしゃく。

じょ‐しゃく〔ヂヨ‐〕【除籍】

じょせき(除籍)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の除籍の言及

【日給の簡】より

…殿上を仙といい,簡を籍というのに由来する。日給の簡に名を記されると〈簡につく〉〈仙籍をゆるされる〉といい,逆に罪を犯すと氏名を簡から削り昇殿を止めるが,これを〈除籍する〉という。簡は午前に殿上の間に出し,夕刻には袋に入れて納めた。…

※「除籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android