コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古白 こびゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古白 こびゃく

?-1712 江戸時代前期-中期の僧。
生地の紀伊(きい)和歌山で浄土宗西山(せいざん)派の総持寺にはいり,のち住職となる。同寺に南寮,東寮などの学寮を設立した。正徳(しょうとく)2年5月1日死去。

古白 こはく

藤野古白(ふじの-こはく)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古白の関連キーワード正岡 子規豊橋(市)牛久保城正岡子規藤野古白吉田城こはく牧野城牛久保俳諧師ふじ一葉

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古白の関連情報