コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆了博 こひつ りょうはく

1件 の用語解説(古筆了博の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古筆了博 こひつ-りょうはく

1836-1862 江戸時代後期の古筆鑑定家。
天保(てんぽう)7年生まれ。古筆了伴の4男。古筆宗家11代。文久2年8月23日死去。27歳。姓は平沢。名は最信。別号に即修庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古筆了博の関連キーワード柴山愛次郎サイゴン条約黒住教郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone