平沢(読み)ひらさわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「平沢」の解説

平沢
ひらさわ

秋田県南西端,にかほ市北部の旧町域。日本海に面する。 1902年町制施行。 1955年院内村,小出村と合体して仁賀保町となり,2005年金浦町,象潟町と合体してにかほ市となった。江戸時代に仁賀保氏の城下町として発展。大正時代から耕地整理土地改良も進み,農業経営の模範地区となった。県内の主要漁港の一つで,ティーディーケイとその関連工場が立地

平沢
ひらさわ

長野県中部,塩尻市木曾谷北部にある集落。木曾漆器の生産の中心地。奈良井川東岸の狭長な谷底に家々が密集する。ほとんど全戸が漆器関連の業務に従事南端に漆器館があり,製品などを展示している。近世中山道宿場町でもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「平沢」の解説

平沢【へいたく】

韓国,京畿道南部の都市。平沢平野の中心で京釜線に沿う。牙山湾の最奥部に近く,海運の便がよい。付近では米,大豆綿花,野菜,タバコモモ,ナシ,ブドウなどの産が多い。37万8000人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android