コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古簡集影 こかんしゅうえい

1件 の用語解説(古簡集影の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こかんしゅうえい【古簡集影】

1924年に編集刊行された史料集。前年の関東大震災で貴重な史料が灰燼(かいじん)に帰したため,史料の保存と,一方その利用の便宜を考慮し,珍本・稀書のうち,歴史研究に必要な典籍を選び,できるだけ原本に忠実な形による複製(コロタイプ)を当時の東京帝国大学史料編纂掛が行った。《律》断簡,《後漢書》断簡,《弘仁式》主税上断簡,同式部下断簡(以上,九条家本),《紀家集》断簡(伏見宮本),《朝野群載》第1巻,《令義解》(以上,猪熊本),《和名類聚抄》(高山寺本)など,平安時代史研究に不可欠のものがほとんどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古簡集影の関連キーワード群書類従吹塵録大日本史料エティエンヌ春日版定期刊行物小咄本鈴木始卿梅風田阪灞山

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone