古言・古語(読み)ふること

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (後世は「ふるごと」とも)
① 昔のことば。古くから伝えられていることば。古語
※書紀(720)敏達一〇年閏二月(北野本訓)「子々孫々〈古語(フルコト)に云はく、生児八十綿連(うみのこのやそつつき)という〉」
② 古い言い伝え。古伝承。
※水戸本丙日本紀私記(1678)神武「古語〈不留古止(フルコト)〉」
③ 昔の人の作った詩歌。古歌。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇三「くれたけの 世々のふるごと なかりせば いかほのぬまの いかにして おもふこころを のばへまし〈壬生忠岑〉」
④ 昔からある物語書。古くからある史書
源氏(1001‐14頃)蛍「さて、かかるふる事の中に、まろがやうに、実法(しほう)なる痴れ者の物語はありや」
⑤ 昔の事を話すこと。思い出話をすること。また、その話。
※源氏(1001‐14頃)朝顔「例の、御物語きこえ給ふに、ふることどもの、そこはかとなき、うちはじめ、聞えつくし給へど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android