コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古鏡記 こきょうき Gu-jing-ji

1件 の用語解説(古鏡記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古鏡記
こきょうき
Gu-jing-ji

中国,隋末唐初頃の文語小説。作者は隋の王度と伝えられるが,作中人物の事跡が当時の隠者,詩人として有名な王績と合致するので,その兄,王凝 (おうぎょう) の筆名と考えられている。作者が,かつて師事した侯生という人物から受けた古鏡が,妖怪の正体をあばくなど,霊妙を現すいくつかの事件を綴ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古鏡記の関連キーワード文中子蒲松齢服す文語文文語文法雅俗折衷体伸ぶ落月堂操巵夏(隋末)《地名アイヌ語小辞典》

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone