叩網(読み)たたきあみ

百科事典マイペディアの解説

叩網【たたきあみ】

刺網の一種。岸から沖に向かって半円形または円形に張り回し,さおでふなばたや水面をたたいて藻や岩礁中に潜む雑魚をかり出し,網目に刺してとる網。おもにボライナダをとる。→刺網

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android