叩網(読み)たたきあみ

百科事典マイペディアの解説

叩網【たたきあみ】

刺網の一種。岸から沖に向かって半円形または円形に張り回し,さおでふなばたや水面をたたいて藻や岩礁中に潜む雑魚をかり出し,網目に刺してとる網。おもにボライナダをとる。→刺網

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たたき‐あみ【叩網】

〘名〙 刺網の一種。船舷または水面をたたいて半円形に張ったこの網にかかる魚を捕獲する装置。また、その漁法

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android