コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召公 しょうこうZhào gōng

1件 の用語解説(召公の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこう【召公 Zhào gōng】

中国古代,西周建国のさいの功臣。名は奭(せき)。周公と並称される。姫(き)姓だともいうが,むしろ殷代の雄族の召方(しようほう)に出ると考えるべきであろう。周の武王を助けて殷を滅ぼし,その功績により燕に封ぜられた。しかし燕へは一族の者を行かせ,召公自身は周都にとどまったのであろう。成王の時代には三公の職につき,陝西の地の支配をゆだねられて善政を敷いた。《詩経》〈召南〉の諸篇はそれをたたえた歌だともされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone