コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召公 しょうこう Zhào gōng

1件 の用語解説(召公の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこう【召公 Zhào gōng】

中国古代,西周建国のさいの功臣。名は奭(せき)。周公と並称される。姫(き)姓だともいうが,むしろ殷代の雄族の召方(しようほう)に出ると考えるべきであろう。周の武王を助けて殷を滅ぼし,その功績により燕に封ぜられた。しかし燕へは一族の者を行かせ,召公自身は周都にとどまったのであろう。成王の時代には三公の職につき,陝西の地の支配をゆだねられて善政を敷いた。《詩経》〈召南〉の諸篇はそれをたたえた歌だともされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

召公の関連キーワード沈従文ヒルト功臣五服西郊六韜三略池田温狭井尺麻呂佐藤武敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone