コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三公 さんこう san-gong; san-kung

5件 の用語解説(三公の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三公
さんこう
san-gong; san-kung

中国の天子を補佐する官名。周の成王のとき,補佐教導の役の太保,太傅,太師の三公がおかれたという。秦,漢では丞相,太尉,御史大夫をさし,政務担当の官。後漢から唐では太尉,司徒,司空で,宋から清までは太師,太傅,太保をさすが,名目的な役職となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐こう【三公】

律令制における太政大臣左大臣右大臣。のちに、左大臣右大臣内大臣の称。三槐。
中国の官名。最高の地位にあって天子を補佐する三人。内容は時代によって変わり、周代では太師太傅(たいふ)太保、前漢では大司徒大司馬大司空、または丞相太尉御史大夫、後漢・唐では太尉司徒司空、宋・元・明・清は周代に倣う。三槐。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんこう【三公 sān gōng】

中国における最高の官位。秦代では丞相・御史大夫・太尉を指し,前漢もこれを踏襲した。哀帝のとき官名と序列をあらためて大司徒(もと丞相)・大司馬(もと太尉)・大司空とし,三公の上に大傅(たいふ)を置いた。王莽(おうもう)が実権を掌握すると,三公以外に《周礼(しゆらい)》にならい太師・太傅・太保の三師を併せ設けた。後漢では太尉・司徒・司空を三公と呼び,上公として太傅を置き,いずれも多く録尚書事に任命された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんこう【三公】

中国の官制で、臣下として最高位にある三つの官職。周は太師・太傅たいふ・太保を、前漢は丞相(大司徒)・太尉(大司馬)・御史大夫(大司空)を、後漢から唐までは多く太尉・司徒・司空を置いたが、次第に空名化した。三槐さんかい
日本で、太政大臣・左大臣・右大臣、または左大臣・右大臣・内大臣の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三公
さんこう

中国で、天子の側にあって政務を総裁する3人の高官の総称。内容と機能とは時代により異なる。すでに周代にあったというが確かではない。この場合、司馬(しば)、司徒(しと)、司空(しくう)とする説と、太師(たいし)、太傅(たいふ)、太保(たいほ)とする説がある。漢代では名実ともに最高官であり、前漢の三公は丞相(じょうしょう)(大司徒)、太尉(大司馬)、御史大夫(ぎょしたいふ)(大司空)、後漢(ごかん)のそれは太尉、司徒、司空である。明(みん)・清(しん)に至るまでこの名称は受け継がれたが、唐代以降は実務を伴わない栄誉号となった。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三公の言及

【漢】より


[郡国制と中央集権体制の確立]
 劉邦(高祖)は前202年に皇帝の位につくと,秦の統治方式を踏襲して中央集権的な官僚制と郡県制を施行した。すなわち皇帝の下に行政・軍事・監察の最高責任者として丞相・太尉・御史大夫のいわゆる三公をおき,政務分担機関として太常(儀礼祭祀),光禄勲(宮殿警備),衛尉(宮門警備),太僕(車馬),廷尉(司法),大鴻臚(外交),宗正(宗室),大司農(国家財政),少府(帝室財政)の九卿(きゆうけい)(九寺)をおいて中央政府を構成した。いっぽう地方は大きく郡に分けられ,郡の下には県がおかれた。…

【宰相】より

…秦・漢時代は中央政府最高官として丞相,太尉,御史大夫が置かれ,軍事をつかさどる太尉(一時大司馬という),監察官の御史を統率する御史大夫(のち大司空という)に対し,皇帝を輔佐し政務を総攬し百官を統率する丞相がまさに宰相に相当していた。前漢末に丞相・大司馬・大司空の3官が宰相職を三分したときにいわゆる三公制が行われたことになる。また同じく前漢末に丞相が大司徒と改称された。…

【三司】より

…三司とは3種の役所という意味であるから,時代によって指す官職が異なった。(1)三公を三司という。三公とは漢代の中央政府の最高官であった丞相(司徒),太尉,御史大夫(司空)のことで,これを三司とよぶことも多かった。…

【太尉】より

…中国の官名。秦・漢初は武官の最高のもの,尉の大なるものの意味であったが,漢の武帝以後は大司馬に変わり,後漢では三公の首におかれた。その後太尉と大司馬は並んで置かれ,北魏では大司馬と大将軍を二大と称し,その下に太尉・司徒・司空の三公が置かれた。…

※「三公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三公の関連キーワード中央中里中田中野中山町中根中台中尾ひょうど中町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三公の関連情報