コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可変後退翼 かへんこうたいよく variable sweepback wing

1件 の用語解説(可変後退翼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可変後退翼
かへんこうたいよく
variable sweepback wing

後退角を飛行中に変えることのできる翼。遷音速飛行超音速飛行ではアスペクト比の小さい翼が優れた飛行性能を発揮するが,亜音速飛行では性能が悪くなる。そのため広い速度範囲のどこでも有利になるよう後退角を変えることができる翼が開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の可変後退翼の言及

【飛行機】より

… 後退角の大きな後退翼は,高速時には抗力が小さくて有利であるが,低速時には出せる揚力の値が後退角のない直線翼に比べて低く不利である。そこで高速で飛ぶときには後退翼,低速で飛ぶときには直線翼に近くなるよう,飛行中後退角を自由に変えられる可変後退翼variable geometry wing(略してVG翼)が一部の高性能多用途軍用機で使われている。 高亜音速機や超音速機では翼型の選定も重要で,いろいろな研究がなされている。…

※「可変後退翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可変後退翼の関連キーワード後退角後退翼可変可変ピッチプロペラ脱輪鉄則トレッドミル可変翼誘導ミサイル楕円翼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone