コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可変長レコード かへん長れこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

可変長レコード

データベースで、格納できるデータの長さが、一定でないレコードのこと。あらかじめ入力する文字数を指定できないときに利用する。融通の利いたデータ入力が行えるという長所があるが、処理が煩雑になるなどの短所もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

可変長レコード

ファイルまたはデータベースを構成するレコードの長さが,個々のレコードにより異なるもの.固定長レコードの対語.通常,各レコードの先頭部分にその長さに関する情報を持つ.可変長レコードは,可変個の固定長フィールド,可変個の可変長フィールド,またはそれらの組み合わせからなり,論理レコード長と呼ばれる最大長を上限として,各レコードの長さが柔軟に設定される.論理レコード長を超える場合には,通常,複数レコードへの物理的分割などにより処理される.なお,書誌や典拠のレコードは典型的な可変長レコードであり,情報交換用MARCフォーマットはそれらに対応できる一つの構成を示したものである.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android