可愛そう・可哀想(読み)かわいそう

  • かわいそう かはいさう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙 (「そう」は接尾語) あわれで、人の同情をさそうようなさま。ふびんなさま。かわゆそう。かあいそう。
※天理本狂言・蟹山伏(室町末‐近世初)「『こんがう杖でこうを打みしゃいでのけう』と云『かわひさうにおけ』と云」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「可哀(カハイ)さうなものはあの婆さんさ」
[語誌]中世末から近世初頭にかけて成立した語。「かわいい」の成立当時の意味からすると、不憫なさま、愛らしいさま、両方の意が考えられるが、後者の意は「かはゆさう」という古い語形と方言に残るだけで、もっぱら不憫なさまの意で用いられる。これは、「かわいい」の意味の中心が不憫から愛らしいの意に移行し、消失しつつあった不憫の意を「かわいそう」が担ったためである。表記も「可愛そう」から「可哀想」などと変化している。→かわゆい(可愛)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android