可愛い(読み)カワイイ

デジタル大辞泉「可愛い」の解説

かわい・い〔かはいい〕【可愛い】

[形]《「かわゆい」の音変化。「可愛い」は当て字》
小さいもの、弱いものなどに心引かれる気持ちをいだくさま。
㋐愛情をもって大事にしてやりたい気持ちを覚えるさま。愛すべきである。「―・い孫たち」「出来の悪い子ほど―・い」「誰だって自分の身が一番―・い」
㋑いかにも幼く、邪気のないようすで、人の心をひきつけるさま。あどけなく愛らしい。「えくぼが―・い」「―・い声」
ほかと比べて小さいさま。
㋐物が小さくできていて、愛らしく見えるさま。「腰を掛けたら壊れてしまいそうな―・い椅子(いす)」
㋑物事の規模が小さいさま。程度が軽いさま。ややあざけりの意を込めていう。「校内で威張っているだけだから、まだ―・いものだ」
無邪気で、憎めない。すれてなく、子供っぽい。「生意気だが―・いところがある」
かわいそうだ。ふびんである。
「明日の日中に斬(き)られるげな、―・いことをしますると」〈浄・丹波与作
[派生]かわいがる[動ラ五]かわいげ[形動]かわいさ[名]
[補説]人に対して用いる場合、従来は子供や年少者、若い女性などについて言ったが、近年では「かわいいお爺ちゃん」のように対象の広がりがみられる。
[補説] 
2013年10月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンでの「カワイイ」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆女の子の間での潤滑油の言葉。
アル吉さん

◆本人の演出によらぬ、自然な愛くるしさ。
花に蝶さん

◆特筆すべき長所の無い人、物、動物、仕草に対して肯定的である旨を伝える際に使用する言葉。
豚野郎さん

1 語彙に乏しい者が様々な愛らしさを表現する言葉。2 もっとも平凡で無難なお世辞。
はらっぱさん

◆女性の中に、永遠に存在するもの。
ゆきさん

◆自分の感性に共鳴する対象物。
とーさんさん

◆子犬、子猫を見たときに、胸がキュンとなる心の変化のこと。
しおさん

◆子供の寝顔。一番かわいいと思える瞬間。
ももぞうさん

◆英語に翻訳するのが最も難しいコトバ。
M&Gさん

◆男性の場合は、愛おしく見える物・存在を指す表現。女性の場合は、前述の意味とは別に、自分よりも美的格付けが下だと認識した際に発する暗喩。
カンパリ=フレアさん

◆カタカナの可愛いは、表面上の虚偽の愛らしさのこと。本質的な愛らしさは可愛いという。
Saisho1989さん

◆顔の目鼻立ちが整っていて愛嬌があり、こちらまで心がほぐされそうになる容姿。また仕草において言う場合もある。
zooさん

◆「好き」の表現違い。
YASUさん

かわゆ・い〔かはゆい〕【可愛い】

[形][文]かはゆ・し[ク]《「かおは(顔映)ゆし」の音変化で、2原義
かわいい。
「厭な犬だといわれるほど、尚―・い」〈二葉亭平凡
恥ずかしい。おもはゆい。
「いたく思ふままのこと―・くもおぼえて」〈右京大夫集詞書
かわいそうだ。気の毒だ。
「殺さんは、なほ―・し」〈今昔・二六・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android