可敦城(読み)かとんじょう(英語表記)Ke-dun-cheng; K`o-tunch`êng; Qatun-baligh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可敦城
かとんじょう
Ke-dun-cheng; K`o-tunch`êng; Qatun-baligh

外モンゴル,トラ河畔にある古城址。ウイグル帝国の時代 (744~940) ,ウイグルのカガンに嫁した唐の皇女 (和蕃公主) の居城として建設された。 qatun (カトゥン) とは,ウイグル語を含む古代トルコ語で「皇妃」を意味する。のち契丹人が外モンゴルを征服すると,1004年ここに鎮州建安軍をおいて,の同地方統治の中心とした。遼が金に滅ぼされると,1122年耶律大石 (→徳宗) はここに7州,18部の衆を集めて皇帝の位につき,西遼を建てた。 13世紀初めにモンゴルのチンギス・ハンが興るまでトラ川渓谷に遊牧したケレイト部族が繁栄を誇ったのは,可敦城の鎮州建安軍が隊商貿易の中心地であったためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android