コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可能動詞 カノウドウシ

デジタル大辞泉の解説

かのう‐どうし【可能動詞】

五段四段)活用の動詞が可能の助動詞「る(れる)」を吸収して、下一段活用に転じ、可能の意味を表すようになったもの。「書ける」「泳げる」「読める」の類。命令形はない。
[補説]現在では、五段活用以外の動詞からできた「見れる」「来れる」などをも、可能動詞と認める場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かのうどうし【可能動詞】

五段(四段)活用の動詞が下一段活用に転じて可能の意味を表すようになったもの。例えば、「読む」「書く」に対する「読める」「書ける」などの類。命令形をもたない。近世江戸語に発生し、明治以降次第に普及した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

可能動詞の関連キーワード取れる・採れる・捕れる・撮れる頷ける・首肯ける・肯ける受け取れる・受取れる頂ける・戴ける欠かせないら抜き言葉れ足す言葉いけない憎めない争えない否めない負えない食べれる食える持てる行ける飲める売れる着れる言える

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android